オリジナル スノーケルプラス 簡易ダイビング

わが社で開発された簡易ダイビングシステムの事です。長期に渡りダイビングの指導にあたって来ましたが、スキューバーダイビングはお子様、年配者、少し恐怖心がある方等、どなたにでも出来ると言うものでありませんでした。一部の若者の趣味に留まっています。そこで障害になるものを取り除き,誰にでも出来るダイビングをと開発に当たりました。スノーケルプラスでは7歳のお子様から、80歳台のご婦人まで100%お楽しみ頂いています。グラス窓のついたヘルメットをかぶるものとは大きく違い、スキューバーダイビングそのものです。

器具(レギュレーター)など、同じものを使っています。このことにより次の段階で本格的なダイビングにはいることを容易にします。
ダイビングには右下の写真のような重装備(約25kg)が必要です。
これらを取り除き左下のような軽装にしました。ダイビングに必要な装備をリング内に浮力を付け移動いたしました経験が必要な①浮力の調整②空気の残量チェック等をインストラクターに任せました、そのことで海中での観察や魚に餌付けなどに集中できるようになりました。

  1. 両手を伸ばし、レギュレーターのマウスピースを口にくわえ呼吸の練習、口先での呼吸では無く、深呼吸する、噴出しも同じ 口から行います。たとえ水が少量浸入してもはく時に空気と一緒に吐き出されます。
  2. 両手を伸ばし体を浮かし、顔をつけ、水中でのレギュレターを使った呼吸をマスターします。
  3. リングを持ち上げるような形で30cm程水中で呼吸練習、準備が出来たらOKサイン。
  4. 海底に到着後、状態を確認、安定するまで慣らす、最初の深度は約3~5m、慣れてから7~10m(魚が多いところや珊瑚が綺麗な所へ移動します。